大学生だった頃は、奨学金を多額借りて学費用と自分のために使う用(月2万円ほど)で生活をしていました。

アルバイトはしていませんでしたが、ほとんど買い物をしなかったのでお金に困ることはほとんどありませんでした。

しかし、お金に困ってしまったのが知り合いの社会人の結婚式でした。

大学生とはいえ、祝義はしっかり出さないといけないため現金を用意するのに手こずりました。

ちょうどその頃はローン支払いで自動車教習所に通っていたため、毎月3万円ほど口座から引き落とされていました。

祝義は3万円と考えていたのですが、ローンの支払いを考えるとどうしても現金が足りないと感じたのでキャッシングをしてなんとか現金を用意できました。

ほとんど買い物をせず、お金をそんなに必要としない生活をしている中でいきなり数万円を用意するのはとても大変だなと思いました。

アルバイトをしていればなんとかなったのかもしれませんが、していない状況ですぐに現金を手に入れるのはやはりキャシングかカードローンしかないと思います。

借りたのは3万円だったので、すぐアルバイトをはじめて返済までにはなんとかお金を稼ぐことができましたが、手軽に借りられて(少額なら)アルバイトをして返済できることから、これからも利用してもいいかなと悪い考えがよぎってしまいました。

しっかりとキャッシングについて理解していないといつか借金が膨らんでしまうのではないかと怖くなりました。

今の時代ではネットで簡単に申し込めて、即座に現金を手に入れる方法があります。

手軽なので利用したくなる気持ちはわかりますが、本質的には借金と変わりません、しっかり返済しないといけないのです。

それを踏まえた上で利用するのはいいと思いますが、手軽だからこそ悪い癖がついてしまう危険性があります。

最初は数万円の少額だったのが、金銭感覚が狂ってしまいいつのまにか多重債務者になる可能性だってあるのです。

利用の前に必ずキャシング・カードローンがどのようなシステムなのか、手数料・利子を含めて返済額はいくらなのかを把握してから計画的に利用しましょう。